整理整頓のメリットは綺麗になるだけじゃない?生活が快適になる

自宅でも職場でも自分自身が使用する環境の整理整頓を行える人は、性格もきちんとして几帳面な人が多い特徴があります。

 

雑然とした環境よりも綺麗に整理整頓された環境の方が衛生的にも精神的にも良い事は誰しもが分かりますが、それ以外にもさまざまなメリットをもたらしてくれるのです。

 

まずは単純なことではありますが、綺麗に部屋やオフィス、ロッカーなどを整理しておけば、何がどこに保管されているかきちんと頭にあるんです。

 

即ちそれは必要なモノを直ぐに取り出せるということであり、捜し物をする無駄な時間を一切省いてくれるのです。

 

いつも物の置き場が決まっているので、探している時間がなくなります。

 

探している間に引き出しを開けたり、ものをそのあたりに出すということになり、ますます部屋が散らかったり時間をとられる原因になるためです。

 

整理整頓によって見た目もきれいになるということがあげられます。

整理整頓のメリット

  • 時間短縮
  • 精神的な不安が少なくなる
  • 仕事の効率がUP

 

時間短縮と精神的な不安が少なくなる

わずか数分の捜し物でどのような違いが生まれるかというと、一回は数秒や数分でも積み重ねていけば何時間にもなっていきます。

 

時間は人間に平等に与えられた唯一のモノであり、無駄な時間を省くことで自分自身を磨いたり仕事を効率よく行う事も出来るのです。

 

その他にも整理整頓を行っていれば紛失物が無くなり、精神的にも必要なモノが分からなくて不安になる事はありません。

 

整理整頓で仕事の効率がUPする!?

 

自分や家庭、会社が所有しているモノがきちんと把握出来ていれば、ダブって買ってしまったり等の無駄を省くことも出来ます。

 

無駄な時間を省いたり余計な買い物を行わないことは経済的な効果を生み出すメリットもあるのです。

 

仕事場で整理整頓を行うことは、職場において従業員に求められる仕事の効率化をアップする効果があります。

 

仕事が忙しくなると未処理の案件が溜まり書類などが増えていきますが、常に整理していることで仕事のミスや漏れも防ぎ、綺麗な環境で効率よく仕事が行えるのです。

 

更に整理整頓しておけば、作業中の安全も高くなります。

整理整頓のデメリット

整理整頓をしたり、断捨離をすることでたくさんのメリットがあるといわれています。

 

では整理整頓のデメリットとはどのようなものでしょうか?

 

整理整頓のデメリット
収納用品に初期費用がかかる

収納用品に初期費用がかかる

いちばんのデメリットは整理整頓のための収納用品に初期費用がかかるということがあげられます。

 

ものの置き場をつくることは、まずは収納用品を買うことになります。

 

世の中には100均という便利なお店がありますが、どうせ整えるのなら見た目にもこだわりたいということになって少し高い無印やニトリなどで統一感のある収納にすると100均よりも費用がかかります。

 

その程度です。一度そろえてしまえばいつもそこに収まるので、それ以上の費用がかかることはないです。

整理整頓を習慣化するとさらにきれいに保つ意識が生まれる

一度きれいになると、人は汚したくないという気持ちが働くので、さらにものを厳選して選ぶようになるので、ますます整理整頓に拍車がかかることになります。

 

部屋がきれいだと、気持ちにも余裕が持てますし、掃除をするのにも時短になるので、効率よく生活できるという効果があります。ですからデメリットは少ないといえます。

 

整理整頓をしていくと必要なのかそうでもないのか判断が難しいことがでてきます。なかなか捨て得られなくてどんどんものが溜まってしまう人は物を減らす基準は?順番と目安を決めてスムーズに捨てる方法を参考にしてみると良いでしょう。

 

またものを購入するときに気をつけることで不要なものを購入することを少なくするのも部屋をきれいに保つコツと言えます。